健康

男性と女性におけるカフェインの副作用

Pin
Send
Share
Send


カフェインは、多くの飲み物、特にお茶とコーヒーに含まれる一種の化合物に他なりません。それは人の精神的な機敏さにうまく機能し、人が役に立つことができることをかなりいくつかの用途があります化学物質の一つです。実際、鎮痛剤の中には片頭痛でさえも驚くほど効果的なものがあります。しかし、私たち全員が知っているように、過剰な量で摂取した場合、体に何も良いことはないということです。カフェインについても同様です。専門家によると、カフェインが大量に服用されている場合、あなたが処理する必要がありますいくつかの副作用があります。

一般的に、カフェインには副作用と利点があります。限られた順序で使用および消費されます。さもなければそれはあなたの健康に悪影響を及ぼすでしょう。今日では研究は進歩し、人々はより健康を意識しています。予防は治療よりも優れていると言われているので、事前に行動を起こすことが好ましいです。

カフェインの副作用:

高レベルのカフェイン摂取で体内で何が悪くなるのかについてもっと知るため。このガイドはあなたに提供されました。それはこの化合物のCaffeineとその副作用について、あなたの知識を深めるでしょう。

1.不安を増す:

毎日の食生活におけるカフェインの過剰摂取であなたは反対の結果に直面しなければならないかもしれません。体内のこの化合物の量が多すぎると、不安が悪化するだけであり、極端な場合には障害さえも引き起こします。それは確かに気分に悪影響を及ぼす可能性がありますし、あなたが本当にうんざりしないことを気分のむらを与えることができます。

不眠症:

カフェインの利点の1つは精神的な警戒ですので、それは体が睡眠と休息をとることを妨げて、不眠症の状況につながります。しかし、これは過度の消費の場合にのみあります。一杯か二杯は本当に害を及ぼすことはありません。眠るのが難しいからといって、翌日は疲れて昏睡状態になるだけです。

出血障害:

専門家によると、カフェインはすでにそれに苦しんでいる人々の出血性疾患を悪化させ、増大させることが知られています。これはこの化学物質のあなたが知っておくべき副作用のひとつであり、深刻な脅威につながる可能性があります。

続きを見る: フェヌグリークの副作用

4.ハートビートの増加:

これは我々がカフェインとして有名に知っているこの化学物質に関連する非常に極端な副作用の一つです。心拍数の増加は、発作や脳卒中などの心血管系の問題に対するリスクが高いことを意味するだけであり、多くの場合、死に至ることさえあります。あなたが毎日低レベルのカフェインを飲んでいることを確認し、すでに心臓の問題がある場合は完全に避けてください。

下痢:

カフェインを大量に服用すると、消化器系が改ざんされ、毒素やバクテリアが蓄積されて水様の腸の動きを引き起こし、下痢として知られる状態になります。それは微妙な副作用の一つかもしれませんが、このリストにある価値がある何かです。

吐き気と嘔吐:

カフェイン摂取のさまざまな副作用の中で、あなたは1〜2杯以上を飲むと通常あなたの状態が吐き気と嘔吐につながると信じなければなりません。これは証明された事実であり、多くの不快感を引き起こす副作用です。

うつ病:

カフェインは通常、人の精神状態に作用します。カフェイン入りの飲み物を過剰に摂取すると、脳に悪影響を及ぼします。それは脳を過剰に活性化し、それから突然の始まりのすべてがうつ病につながる逆効果を示しているかもしれません。

続きを見る: カルダモンの副作用

高血圧の問題:

高血圧の問題を抱えている人々は、カフェインを過剰摂取することでそれを悪化させる傾向があります。彼らはできるだけ食事からこれらの化学物質を減らすべきです。しかし、一日にコップ一杯か二杯でも害はありません。

頻繁な排尿:

カフェインは間違いなく人々の過度かつ頻繁な排尿の問題につながります。それは既知の原因であり、あなたはそれを自分で経験することができます。日常生活に悪影響を及ぼす可能性があります。これはカフェインを少し避けるべきであることを意味します。これは主なカフェインの副作用の一つです。

10.中枢神経系と脳に影響を与える:

カフェインの摂取量が多すぎると、頻繁に頭痛を起こします。カフェインは中枢神経系や脳を素早く刺激するからです。それは片頭痛や頭痛の治療薬として機能しますが、私たちはマイナスの影響を与えることから私たちを防ぐ必要があります。カフェインの過剰摂取も幻覚と混乱を招くことがあります。時々過剰摂取はまた痙攣による死に帰着することができます。それが震えを引き起こすかもしれないように突然の撤退も私たちに悪影響を与えるでしょう。だから我々は体系的な順序でその使用を削減する必要があります。

女性の出生率と流産リスクを減らす:

カフェインが不妊症を減らすので、カフェインの過剰摂取は女性が妊娠するのを難しくするでしょう。カフェインは女性の妊娠能力を27%低下させることが研究により示されています。カフェインが多すぎると、流産のリスクが高まります。カフェインは、妊娠中に赤ちゃんの心拍数を増加させる興奮剤として働きます。とはいえ、カフェインを少しでも摂取することは致命的なことではありませんが、摂取量が多すぎると深刻な問題を引き起こします。

続きを見る: シナモンパウダーの副作用

消化の問題:

酸味はカフェインの主な原因の一つです。それはまた胃の不調、消化不良、および胸やけを引き起こします。深刻な消化不良の問題や潰瘍のような胃の問題を抱えている人たちは、頻繁にそれを持っていないか、医師から何らかの提案を受けないことが好ましいです。カフェインはまさにのどが渇いている消光剤ではありません、そしてそれは体が水分を取り除くのを引き起こすのでそれは水の代わりとしては働きません。体の水位はカフェインの過剰摂取で下がります。実際には、カフェインの突然の離脱は嘔吐や吐き気を引き起こすでしょう。

弱い骨:

カフェインの摂取量が多いと、骨が薄くなるか骨粗鬆症を引き起こします。主にカフェイン摂取量に依存している骨折のリスクがあります。カフェインはカルシウムの吸収を妨げ、尿と共に洗い流されます。骨粗鬆症や骨の弱い人は、カフェインの摂取量を制限することで対策を講じる必要があります。 1日2〜3杯のコーヒーに制限する必要があります。ビタミンDとカルシウムは骨形成のために一緒に結合します。そして、それは主に遺伝性疾患を持っている人々のために問題を引き起こすかもしれません。

双極性障害:

基本的に双極性障害を患っている人は、カフェインの摂取量を増やすと効果が悪くなります。それを少量に制限することをお勧めしますそうでなければそれはあなたの健康に大きな影響を与えるだろう。カフェインは双極性障害をより高いレベルにまで活性化し、それが深刻な問題を引き起こします。管理された方法でカフェインを飲んでください。さまざまなエネルギー飲料や他の物質はある程度の割合でカフェインを含んでいるので、それらを持っている間我々はそれをチェックしなければなりません。

女性の乳房組織嚢胞:

カフェインの量が少ない女性は、カフェインの量が多い女性よりも線維嚢胞性乳房疾患のリスクが低いことを多くの研究が示しています。研究者たちは、カフェインの摂取量を増やすと良性の乳房嚢胞を引き起こすので、それが深刻な問題を抱えていることを証明しました。良性の乳房嚢胞による深刻な危険はありませんが、乳房は痛みを感じ、しこりがあります。カフェイン摂取量を減らすと嚢胞の数とサイズも減少することがわかります。それで、それがカフェインの少ない割合を含んでいるかどうかを知っている食品を持っている間、それはきちんとチェックされなければなりません、そして、我々はそれを頻繁に持っています。

上記のように、カフェインは私たちに深刻な悪影響を及ぼすという記事を読み進めています。カフェインの摂取量が多いと、副腎疲労、振戦、骨量減少、または他の薬のような他のマイナスの原因があります。カフェインの有害な影響を主に強調している研究はまだ続いています。

画像ソース:シャッターストック

Pin
Send
Share
Send